AWSのベストプラクティスを実現するには?1/16日開催セミナーレポート

「AWSを運用しているけど、コストの最適化を行いたい」
「AWSのセキュリティを高める設計ができているか不安」
「AWSを構築する上で、どんなことに気をつければいいの?」
など、AWSの運用や設計に関する悩みを持つ方は少なくありません。

こうしたお悩みや疑問を解決するために、1月16日(水)にAWS社と共催で「AWSの運用担当者は必見!AWSのベストプラクティスを実現するには?」を開催しました。

当日はたくさんの方にご参加いただきました。
ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました!

AWSを運用する上で必見の2つのセッション


今回は、AWS社とNHN テコラスからそれぞれ60分間と50分間のセッションを行いました。
AWS Well-Architected Frameworkを中心としたAWS運用のポイントや活用例からみるAWSの最適化のポイントなど、AWSを運用する上でおさえておきたい内容を網羅するセッションをご用意しました。

AWS 利用時におさえておきたい10のこと / AWS社 並木 克仁様

AWS社の並木様からはAWS利用のノウハウを5つの柱にまとめた「AWS Well-Architected Framework」を用いた、セキュリティと運用管理性のポイントについてお話しいただきました。
このフレームワークを既存システムの改善すべきポイントや新規構築時のリスクの発見のために役立てていただけるのではと思います。

AWSは今こう使われている!最新事例にみる最適化のためのポイント / NHN テコラス 逢坂 文哉


当社からは大阪オフィスを拠点に西日本エリアを担当する逢坂より、AWSをうまく活用するための環境改善のポイントについてお話しさせていただきました。
AWS移行を進める上で大切な「リフトアンドシフト」の考え方や運用を考慮した設計のポイント、最適化をどう考えていくかなど、具体例を交えながら丁寧にご紹介しました。

終わりに

当日ご参加いただいた方の中には「AWS Well-Architected Framework」をご存知ない方も多く、AWSの運用は難しいと感じている方が多いようでした。
しかし、参加者アンケートでは75%の方がセミナーに満足と回答いただけたので、このセミナーがAWSをよりよく運用、活用するためのきっかけになったのではないかと感じています。

今後もNHN テコラスでは皆様のお役に立てるようなセミナーを企画して参ります。
また、これからAWSを利用したいけど、悩んでいる方には毎週東京と大阪で「クラウド個別相談会」を開催しているので、お気軽にご相談ください。

AWS EC2リザーブドインスタンス 10%OFFキャンペーン

あなたにおすすめの記事