【爆速】CloudFormationでCloudFront+S3環境を5分以内に構築

AWS

2024.4.25

Topics

はじめに

こんにちは、フクナガです。今日やることは、超シンプル。
とにかく、CloudFront + S3の静的サイトホスティング環境を爆速で作ることです。

この記事にたどり着いたあなたも様々な理由から、CloudFront + S3環境を爆速で作りたいのだと思います。
前置きすら構築スピードを妨げる要素になってしまうので、今回はさっそく構築に進みたいと思います!

構築するアーキテクチャ

構築スタート

1. 下記のコードを「CloudFront_S3.yml」というファイル名で保存


AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09
Description: Static contents distribution using S3 and CloudFront.

Parameters:
  SiteName:
    Type: String
    Description: domain name e.g. test-site.com

Resources:
  Bucket:
    Type: AWS::S3::Bucket
    DeletionPolicy: Retain
    Properties:
      BucketName: !Sub ${SiteName}-s3-bucket
      BucketEncryption:
        ServerSideEncryptionConfiguration:
          - ServerSideEncryptionByDefault:
              SSEAlgorithm: AES256
      PublicAccessBlockConfiguration:
        BlockPublicAcls: True
        BlockPublicPolicy: True
        IgnorePublicAcls: True
        RestrictPublicBuckets: True
      WebsiteConfiguration:
        IndexDocument: index.html

  BucketPolicy:
    Type: AWS::S3::BucketPolicy
    Properties:
      Bucket: !Ref Bucket
      PolicyDocument:
        Statement:
          - Action: s3:GetObject
            Effect: Allow
            Resource: !Sub arn:aws:s3:::${Bucket}/*
            Principal:
              Service: "cloudfront.amazonaws.com"
            Condition:
              StringEquals:
                AWS:SourceArn:
                  - !Join
                    - ""
                    - - !Sub "arn:aws:cloudfront::${AWS::AccountId}:distribution/"
                      - !Ref CloudFrontDistribution

  CloudFrontDistribution:
    Type: AWS::CloudFront::Distribution
    Properties:
      DistributionConfig:
        Origins:
          - Id: S3
            DomainName: !GetAtt Bucket.DomainName
            OriginAccessControlId: !GetAtt OAC.Id
            S3OriginConfig:
              OriginAccessIdentity: ""
        Enabled: true
        DefaultRootObject: index.html
        Comment: !Ref SiteName
        DefaultCacheBehavior:
          AllowedMethods:
            - HEAD
            - GET
          CachedMethods:
            - HEAD
            - GET
          DefaultTTL: 0
          MaxTTL: 0
          MinTTL: 0
          TargetOriginId: S3
          ForwardedValues:
            QueryString: false
          ViewerProtocolPolicy: redirect-to-https
        IPV6Enabled: false

  OAC:
    Type: AWS::CloudFront::OriginAccessControl
    Properties:
      OriginAccessControlConfig:
        Description: !Ref SiteName
        Name: !Ref SiteName
        OriginAccessControlOriginType: s3
        SigningBehavior: always
        SigningProtocol: sigv4

Outputs:
  CloudFrontDistributionDomain:
    Value: !GetAtt CloudFrontDistribution.DomainName
    Description: CloudFront Domain Name
    Export:
      Name: !Sub ${SiteName}-CloudFrontDomainName

2. 画面右上のリージョンメニューから、バージニア北部リージョン(us-east-1)にリージョンを変更

3. 画面上部の検索窓に「CloudFormation」を検索し、選択

4. CloudFormationコンソールで「スタックの作成」を押下し、「新しいリソースを使用(標準)」を選択

5. 下記を選択したうえで、「ファイルの選択」を押下

テンプレートの準備:既存のテンプレートを選択
テンプレートソース:テンプレートファイルのアップロード

6. 「CloudFront_S3.yml」を選択して、「次へ」を押下

※CloudFront_S3.ymlが選択されていることを確認すること

7. 下記を入力し、「次へ」を押下

スタック名:任意の値
SiteName:小文字とハイフンのみを含んだ任意の文字列
※SiteNameは、S3バケット名として利用される値であるため、固有である必要がある

8. デフォルトのまま画面をスクロールし「次へ」を押下

9. デフォルトのまま画面をスクロールし「送信」を押下

10. スタックが「CREATE_IN_PROGRESS」から「CREATE_COMPLETE」になるまで待ったら、出来上がりです

※画面が変わらない場合は、更新マークを押してみてください

稼働確認

本当に環境ができたのか、ちゃんと確認しておきましょう!

1. 作成したCloudFormationスタックの「リソース」タブを選択し、論理ID「Bucket」の物理IDを押下

2. 自身で作成した静的サイト(index.html)をアップロード

3. 作成したCloudFormationスタックの「出力」タブを選択し、キー「CloudFrontDistributionDomain」の値を押下

※添付画像は該当箇所を黒くマスキングしています

4. アップロードしたサイトが見られていれば完成です

まとめ

今回の記事では、とにかく早くCloudFront + S3静的サイトホスティング環境を構築する手順とCloudFormationテンプレートをご紹介しました。
この構成はかなり柔軟に色々なシーンで活用することが可能です。サーバーレスと呼ばれる「AWS Lambda」や「API Gateway」を軸に実現するアプリケーションのフロントにも活用できますし、キャンペーンサイトなどの動的な処理が不要なサイト環境を構築するシーンでかなり有用です。
ただ、毎回手作業で構築するのは手間なので、こういった「爆速構築術」を持っておくと、非常に良いと思います!私も、このテンプレートに何度も救われました。。。
というわけで、ぜひぜひこのテンプレートを活用してください!!

おまけ

同じ環境を手動で構築する手順はこちらの記事が参考になります。

関連記事
【やってみた】Amazon CloudFrontとAmazon S3を使って、静的サイトを作ってみた

S3で静的サイトをホスティングする際、「CI/CDにもこだわりたいよ!!」という方はこちらをぜひ参考にしてみてください。

関連記事
CloudFront + S3 静的サイト(開発/本番環境)のCI/CDパイプラインをCloudFormationで構築する

テックブログ新着情報のほか、AWSやGoogle Cloudに関するお役立ち情報を配信中!

フクナガ

インフラエンジニア歴5年のフクナガです。AWS(特にBedrockとCodePipeline)とGoogle Cloud(Vertex AI)が得意分野。休日はベースを弾いてます。技術力と発信力を高め、Top Engineerを目指しています。

Recommends

こちらもおすすめ

Special Topics

注目記事はこちら